登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

高齢者の住まいをトータルサポート!「幸せになる相続セミナー」随時開催!

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

遺産分割について

2018-10-19

はじめに

遺産分割と言う言葉を聞いたことがありますでしょうか。
親が亡くなって自分が相続人になっていた場合に他の相続人と遺産分割をする事になります。
家族や兄弟でも財産をめぐるトラブルになることが多い特徴があります。
家族同士でも財産の相続で仲が悪くなる事もありイメージはあまり良くないのが遺産分割です。
相続が起こったときに親族同士でトラブルにならないように遺産分割の基礎知識を理解しておきましょう。


遺言書の有無を確認する

人が亡くなると財産は相続で継承されますが、被相続人が遺言書を残した場合は内容に従うのが原則とされています。
遺産分割の流れは最初に遺言書の有無を確認しましょう。
すぐに見つからない場所に隠している可能性もあるので、遺品整理の際には注意深く探すことが大事です。
相続では遺言書に書かれている内容が原則になりますが、相続人全員の同意があれば遺言書通りに相続する必要はありません。
1人でも反対すれば実現しないのですが、最優先されるのは今を生きている相続人全員の意思になる事も覚えておくと良いでしょう。


遺産分割の協議に参加するべき人

遺産分割をする際には協議をする必要がありますが、参加すべき人は基本的には法定相続人です。
配偶者は常に法定相続人になり、それ以外の相続人には順位があります。
子供が第1順位の相続人となり、子供がいない場合には第2順位の親が相続人と指定されています。
子供も親もいない場合には、第3順位の兄弟姉妹が法定相続人です。
遺産分割には法定相続人が全員参加する必要があるので、1人でも法定相続人が欠けてしまうと遺産分割全体が無効になるので注意が必要です。


遺産分割の割合について

遺産分割の際に気になるのが割合だと思います。
何を指針にして決めて良いのか普通の人であれば分からないと思います。
遺産分割の割合は基本割合が法律で決められているのです。
相続する人が配偶者のみであれば100%で、子供や親、兄弟姉妹などがいる場合には人数で頭割り計算をして割合を決めていきます。
配偶者や子供、親など法律で決められている割合はそれぞれ人数によっても大きく異なるので注意が必要です。


遺産分割しないとどうなるのか

相続財産がある場合に遺産分割しないで放置すればどうなるか気になると思います。
結果から言うといつまでも遺産相続の手続きが出来なくなるのです。
銀行に預けられたままで不動産などは相続人が決まらないと賃貸で貸す事や売却が難しくなってしまいます。
なるべく早く遺産相続を行う事が大事であると言えます。


まとめ

遺産分割は相続人が遺産を分ける事です。
遺産分割について知らない人もいると思いますが、遺言書の有無の確認、相続人の確定で遺産分割協議という流れは覚えておく必要があります。
遺産分割は相続人全員が協議に参加する必要があるので大変な事でもあります。
遺産の割合なども相続人の人数や関係にもよって異なるので注意が必要です。
相続は遺産を巡って泥沼の争いが起こる事もあるので、遺産分割は慎重に行いましょう。


フッター