登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

高齢者の住まいをトータルサポート!「幸せになる相続セミナー」随時開催!

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

相続税について

2018-10-19

はじめに

相続税という言葉は聞いたことがある人が多いと思いますが、詳しく知らない人が殆どだと思います。
相続税は相続に必要になる税金のことです。
亡くなった人の遺産を受け継ぐ場合に払わなければいけない税です。
場合によっては相続税が発生しないケースもあります。
それでも遺産を受け継いだ時に遺産総額が大きい場合には適応されるものでしっかりと理解しておく必要があります。


相続税の基礎控除率を理解しておくこと

相続税を納めなければいけないのは、相続税の基礎控除額を超えている場合ですが、遺産に不動産があり評価額が付く場合には要注意と言えます。
相続財産となる預金財産で支払えれば良いですが、預金財産で支払えない場合には相続人の財産で支払うことや銀行での借り入れ、不動産売却も視野に入れる必要があります。
相続は財産を受け継げる魅力はありますが、それだけではなく相続税を支払う必要がある事も理解しておくと良いです。


相続税を納める義務がある人

相続税を納める必要がある人についても理解しておく必要があります。
遺産をもらった相続人と、遺言書によって遺産をもらった継承した人は当然相続税を支払う必要があります。
相続が発生する3年以内に贈与を受けていた相続人も相続税を支払う対象になり、相続放棄をしたけど保険金をもらった相続人も支払う必要があります。
原則として、遺産を承継した相続人か遺贈を受けた人となりますが、小規模宅地特例や配偶者控除の特例を適用することで、遺産を承継したとしても納税額が0円になる相続人もいるのです。
複雑ですが相続税を考える時には自分がどの立場にいるかも合わせて確認すると分かりやすいと言えます。
居住地が海外で海外資産を相続した場合には相続税の課税対象外になることもあります。


相続税の納付方法について

相続税は申告期限10ヶ月以内に現金一括払いで納税しなければいけないものです。
相続税を納付する場所は税務署窓口や金融機関の窓口でも行うことが出来ます。
不動産の評価額が高額の場合に現金が多くない相続をする時には、相続税の納税資金を工面しなければいけないことも多いです。
相続税に関しては状況を見て不動産売却して、そこから納税資金を当てるなど工夫は必要です。


相続税の申告漏れや間違いに注意する

相続税の申告漏れや間違いがあると脱税行為になってしまいます。
間違えに気が付けば、更生申告することが出来るので早めに行う事が大事です。
いくら悪意がなくても、申告漏れが発覚すれば修正分を税務署に納めればそれで終わりではないのです。
加算税や罰金、懲役など相続税が未払いで勘違いだとしてもかなり厳しく罰せられてしまいます。
相続税の申告漏れや間違いには注意しましょう。


まとめ

相続をするにあたって発生する相続税は詳しく理解しておく必要があります。
相続税の基礎控除率や納付方法などを理解しておけばかなり楽になりま。
加えて相続税を誤魔化したり脱税をすると処罰されてしまいますので、何より確認が大切になります。
亡き家族からの遺産を受け継ぐ為にもしっかりと相続税に対して理解を深めるようにしてください。


フッター