登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

高齢者の住まいをトータルサポート!「幸せになる相続セミナー」随時開催!

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

相続対策について

2018-10-19

はじめに

相続と聞くと良いイメージをしない人も多いと思います。
相続は人が亡くなったときに、その人の配偶者や子などが遺産を引継ぐことですが、相続対策について知っている人はいないのではないでしょうか。
相続対策としては遺産分割対策と納税資金対策、節税対策が一般的にあります。
遺産分割対策はすべての人が考える必要のあるものですが、それぞれしっかりと理解すると良いです。
今回は相続対策についてご紹介させて頂きます。


円滑に遺産相続をする為に必要な遺産分割対策

遺産分割対策は相続する人が複数いた場合にはしっかり行う必要があります。
遺言は無用な相続争いを防ぐ為に行う財産の処分行為ですが、遺言がない場合には言い争いに発展して親族の仲が壊れてしまう程です。
基本的には遺言書があれば亡くなった本人の意思であるので、遺産分割のほとんどが解決すると言えます。
人は誰でも亡くなるものなので、いつか必ずくる時の為に生前から出来る準備をしておくのが遺産分割対策なのです。
遺産分割対策では、遺産相続について家族で話し合いをしているかと言う事と残される配偶者の住居や生活費は保証されているかをしっかり確認しておく必要があります。
遺言の準備もしっかりと行い、法定相続分と大きく異なる遺産分けをする場合には家族は納得しているのかと言う事も確認しておくとスムーズです。
僅かな財産でもお金は怖いもので、財産を巡って家族で対立したりバラバラになってしまう事も多いので、遺産分割対策についてはしっかり準備しておきましょう。


家族に出来るだけ多くの財産を残す為に大事な節税対策

節税対策として相続税がかかるケースは多くないのですが、遺産が多ければ相続税の負担は大きくなってしまいます。
節税対策は、現行法に適合した方法でそれぞれの家庭に合った対策をする事が大事になります。
メリットとしては節税対策は、家族に出来るだけ多くの財産を残せる事です。
被相続人が主体となって行う生前対策と相続人が行う相続後対策の2つがある事は覚えておきましょう。
節税対策で抑えておく事は、相続財産の内容と概算額を把握しているかがポイントになります。


生前に対策しておく必要のある納税資金対策

納税資金対策は、相続税の納税資金が不足している場合に対策する必要があります。
生前に対策しておかないと相続する家族が資金繰りに苦労する事になります。
財産に不動産が多い場合は、物納の利用を含めて早急に検討する事が大事です。
アパートなどの収益を生む財産を子供に贈与することで、贈与後の家賃収入を子供に移転します。
家賃収入により増えていく金融資産を抑えることが出来て、納税資金の準備が出来ます。
生命保険の活用としては、被相続人が生命保険に加入して受取人を相続人にしておくことで死亡保険金が入ってくるので納税資金に役立てることができます。


まとめ

相続は遺族に財産を引き継いで税金を納める事を指しますが、税金対策をしておくことで賢く相続する事が出来るのです。
家族で分裂なくスムーズに財産を分けるかが遺産分割対策になります。
支払う税の金額を安くするのが節税対策で、税金を支払う資金をどのように利用するのが納税
資金対策になります。
相続対策のポイントとしての共通点は、対策は早ければ早いほどに効果がある事です。
相続と聞くと嫌な事や難しく感じてしまう人もいると思いますが、後悔しないように早めの相続対策をしましょう。


フッター